2008年03月25日

先生。

弥生廿三日(日)
渋谷にて“FT先生を囲む会(仮)”が開催される。F田師とF田師夫人とT野師を迎え、尚且つ六狂連卒業生を再度追い出す会である。豚肉の塊を食しながら、誕生日サプライズ、卒業メッセジビデオなどのイベントが続発。笑いと涙がほどよく混じっていた。二次会は北海道料理を食しながら、F田師夫人の哄笑をBGMに、語らい。三次会は…なんと開催されず、日付変更前に全員帰還。


弥生廿五日(火)
大塚会館にて、午前九時より、師範稽古。T野組は今年初の師範稽古である。今年初である。唐人相撲の疲れか、その他諸々か、少々疲れ気味に見えたT野師範だが、十二時きっかりまで稽古。文山賊、柑子、八島(謡)、口真似、茶壺の台詞をつけて頂く。お茶大が多い。故にか、隅から隅まで見て頂くことは叶わず。然し、四日後にある第弐回師範稽古までに何かしらの向上を、こちらから見せねば。先生、次回も宜しくお願い申し上げまする。



VFSH0085.JPG

稽古後は、茗荷谷駅付近のカレー屋にて、上記の写真の様なカレーを摂取。ナンが巨大。askは毎回残す。御免なさい。

昼食後は、新宿の某BOXにて、歌会。お茶大のemi−go、ask及び、早稲田のクララ氏及び、成城のdot.ちゃん、Simone先生、Edward先生及び、途中入場終始棄権の男子弐名が参加メンバーである。最終組は延長戦にまで縺れこみ、林檎縛りや蟻縛りや陰陽縛りなどの濃ゆい戦いを繰り広げた結果、いくつかの同盟を結び、お互いを讃え合ったといふ。個人的には、Edward先生の●●みゆきの春の歌に、栄誉賞を授与したい。


VFSH0084.JPG

上記の写真は歌会の一模様。顔も映像も見せられないのに、載せてみた。






by ask


posted by ocha-kyougen at 23:09| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
えへ、えへへへへ。

あの歌は、あのテンションと濃ゆいメンバーじゃにゃあと歌えまへんな。

栄誉賞は謹んで頂きます。
Posted by エド at 2008年03月28日 09:26
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。